この命よ
絶えるものなら
いっそ今なくなってほしい
これ以上長く生きていたら
自分の本性を隠し通すことがもう
できなくなってしまうから
imgf39165dfpt6uz3
たおやかな一首の歌の中に
命さえもいとわぬ忍ぶ恋の覚悟が張りつめる。
自らの魂の昇華のために身の消滅を図ろうとする
潔さが、美しいと言えば美しい絶唱だ。

古来よりわが国にはこうした「滅びの美学」と
いうものが存在する。
諸行無常の「平家物語」「義経記」
戦国の世の武将たち、信長、光秀、幸村
幕末の志士たち、竜馬、西郷、白虎隊
ゼロ戦特攻隊等々
T736NDkA
だが果たしてそうだろうか?
死ぬこと、消滅することが美しいのだとしたら、
生きること、継続することの意味は何だろう?

誰もが、さしも面白くもない人生を
必死に生きもがいている
生き恥をさらしながら
醜くても懸命な生き方もある。
9a043eb0-s
先の式子内親王の「永らへば」とは
対極にある歌が藤原清輔の歌、僕の十八番だ。

永らへば またこの頃や しのばれむ
憂しと見し世ぞ 今は 恋しき
Ptic0jBq
【意訳】
この先、長く生きていれば
つらいと感じている今も
やがて懐かしく思い出されるのだろうか
あんなにつらかった昔の日々も
今では恋しく思われるのだから
【超訳】
今日の中の昨日
明日の中の今日
過去は花園 今地獄
人は過去の花園をバネにして
地獄の今を生きるのだ
7f456210
こうして僕は再び、この世の地獄を
生き恥をさらしながら
のたうち回ろうと思います。
美しくはあらねど、なお生きたし
-utqV3AQ
合わせて読みたい過去記事はこちら