先日お話ししましたボーイズクラブには
松坂桃李さん扮する娼年リョウの他に
もう一人売れっ子の娼年アズマ(猪塚健太さん)
が在籍していました。
今日はこのアズマ君を指名してみたいと思います。
さっそくですが「アズマ君こんばんわー。」
photo05
「アズマです。今日はご指名いただき
ありがとうございます。」
photo04
「…プロフ画像とイメージが違うんだけど。
確か猪塚健太さんって、すごく爽やかなイメージで
むかしサクセスのCMにも出ていたような…」
44f1688e679b923b4561d867f0759126
 
「この伊藤英明さんの肩にもたれかかる
 健ちゃんがカワイかったんですけどね。
 ちょっとぽっちゃりしてたけど。」
「(笑)いや、あの頃のウブな僕とは
 一皮も二皮も剥けてると思います。
 実際この仕事を始めて8㎏減量しました。」
「そんなに…?ではさっそく
   服を脱いでもらっていいですか?」
53794ce0
「いいですけど僕の裸を見て驚かないで下さいね。」
「えっ?あ…ローラ♪」
(BGM「傷だらけのローラ」西城秀樹)
15eb17a0-s
「僕は痛みにしか欲情できないボーイなんです。
 究極のマゾヒストという設定です。」
「その痛々しい体で同僚のリョウ君とも
 ボーイ同士で喰いあったんですよね。」
「ええ、お互いに望んでいることをしただけです。
 リョウはその時まだ自分の娼夫としての生き方に
 迷いと怖れを抱えていました。
 僕はリョウの○○○を優しく包み込むことで彼に、
 様々なカタチで、人を悦ばせる仕事が
 まだできることを伝えただけです。」
scene03
「ぶっちゃけその時のリョウ君のサイズとか
 味とかはどうだったんですか?」
「うふふ…サイズも味も、フツーですよ。
 そこが彼の根強い人気の秘密ですから。」
65dbe3a5-s
「それでリョウ君は、あなたに何を?
 痛みをくれたんですか?」
「ええ、僕の○○○をへし折ってくれました。」
「うわぁ、ソコはイタイ。」
(正直、映画のその場面だけは目を伏せました。)
640
猪塚健太さんは舞台「娼年」からずっと
松坂桃李さんと同じボーイ役を続投してきました。
それだけにこの仕事のキツさ、痛みを誰よりも
松坂さんと分かち合ってきた唯一の男優さんです。
m13707362352_1
映画のアズマ役はオーディションで選考すると聞いて
どうしてもこの役を自分がやりたかった猪塚さんは
最初からためらうことなく全裸で登壇したそうです。
これからまた、どこで彼と会うかはわかりませんが、
また一皮むけた彼に出会えることを
楽しみにしたいと思います。
izukakenta_int_003-20160708174642

後日談
あれから数年たち…思いがけないところで
猪塚さんと再会してしまいました。
なんと彼は時おり男性サウナに現れては
「チン相占い」という、げに珍妙な占いを施す
泌尿器科のお医者さんに転生していたのでした。
daabcbfb617343d8fd80e531acd9fd2c
えっ?フレミングの法則?
2e11e3479d58738834a18de6af22c638
EFoIQqRWsAAyqtH
むぎゅむぎゅ…はい、わかりましたー
EFrZjZeVUAA8ZD5
猪塚さん、僕の行く末も占ってください。
えっ?「好事魔多し…」
ORG_20160609000305

「娼年」のラストエピソードはこちら

合わせて見たいCMはこちら