今日1月14日は文豪、三島由紀夫さんの生誕日です。
正直、三島由紀夫さん、苦手です。
あっ「潮騒」はオイシイ部分だけ読みましたけど…
e692f0fe
完読はこれが初めてで、あまりに容赦のない表現に、
布団の上で悶絶しながら(?)読み耽りました。
5d0771f9
「仮面の告白」は彼が24歳の時に筆下ろしした
半自伝的小説なのですが、自分が同性愛に目覚め、
いかなる遍歴を経て、今に至ったのかを、
圧倒的な筆致で刻みこむ
究極のカミングアウト小説です。
これを東大法学部を卒業し、大蔵省官僚として
エリート街道を走る一青年が書いちゃったんだから
もうクーデターというほかはありません…
第一章では少年期、続く第二章では思春期の
同性愛の目覚めが書かれているんだけど、
その中で登場する彼の自慰のためのオカズがこれ、
「聖セバスチャンの殉教」
345eb7a5
この絵を書斎で見た彼自身ははち切れるほど屹立し、
やがて昇りつめたものを迸らせるのです。
とても12歳の少年の射精体験とは思えない格調美…
う~ん、僕にはもっとタイトな方がイケるけど…
96eb61da-s
第二章では15歳の時、突然現れた「近江」の
早熟で豊潤なわき毛に魅せられてゆきます…
cd961293
彼もまた、自分の脇にもついに黒い草叢が生え、
かつての近江と同一のものになれた悦楽から、
海中に、精なる一滴を放つのでした…
52c85d2b
読後あまりのエロティシズムにヤラれっぱなし。
三島は、その後も天才的な作品を書き続けますが、
一方で33歳でボクシング、34歳で剣道を、
そして42歳で自衛隊に入隊し、空手を学び、
自らの身体を極限まで鍛え上げていくのです。
cdf7c67e
完璧な作品と、完結した自己陶酔と、
完全なる背徳とをもって
昭和45年11月25日午後零時15分、
自衛隊総監室にて自決します。
昭和と同じ45年間の生涯でした。
16672a03-s
おそらく三島には、自分の人生の最初から
終わりまでが見えていたのかも知れません。
「仮面の告白」を読むと、彼の生きるレールが
終焉に向かって進んだような気がしてなりません。
これほどの鬼才、三島由紀夫の類稀なる半生に
改めて敬意を表したいと思います。
76278a61-s
※「仮面の告白」を執筆した昭和23年当時の自画像

合わせて読みたい過去記事はこちら