どうにか2020年も年末を迎え、ひとしおの感慨が
僕の胸にも去来しようとしています。
ふと、まだ自分が学生だった頃に
「リトルブッダ」という映画を
元旦の午前2時から未明にかけて観たことを、
なぜかなつかしく思い出しました。
1imgp1195
「ガンジス川の夜明け」

作品のテーマは「輪廻転生」であり、
それはそれで不可思議な感銘を受けたんだけど
それよりも若きキアヌ・リーヴス演じる
シッダールタ王子にとにかく魅せられました。
ecm4w2l6
60973b1b515922526cfb383ec0381ede22f97ac5_large
DtGI3ZnU8AAzgea
かように何ひとつ不自由なく
あらゆるものが手に入る境遇にありながら
やがてシッダールタは、世の矛盾に気づき
絶対的な王位も、安住の家族をも捨て、
貧困と嵐吹きすさぶ、城の外へ出て行くのです。
little-buddha-1994
シッダールタを演じたキアヌ・リーヴスもまた
青年から大人への脱皮をはかろうとしていた頃です。
keanu-reeves-news-photo-534354328-1567421134
11ecfa426e48d1cf4ae82482ed3258e4_18499
映画の中のシッダールタもそうでしたが
聖人、大スターという以前に
彼は独りの悩める青年だったと思います。
以前読んだヘルマン・ヘッセの「シッダールタ」も
まるで青春文学のように
葛藤の中でもがき続ける青年像が印象的でした。
tumblr_mew9unOK391rvc4jno1_r1_400
すべてを捨て去り、無に帰してまで
開かれる悟りとは、いかなるものなのだろう?
o0600029514412650623
1cf4b2676097a119f80f6f0707fc78b0
coverlg_home (1)
僕にはこの年になっても
とても悟りなんて開けそうもありません。
あるのは煩悩のみです…
DpodOVvU4AA99Bz
0e9d58a8
この期に及んでも、結局は美しい男の肉体に
吸い寄せられてしまう
お釈迦さまも、あきれていることでしょう。

けれどやはり若きシッダールタ王子の覚醒までの
青春像が本当に美しくて…
もしよかったら僕と一緒に悟りを、
いや、煩悩に溺れてみませんか…


合わせて読みたい過去記事はこちら