ソラリスの島

美しき男たちの記憶を この島にとどめておこうと思います

ミュージカル・映画音楽

すべての山に登れ【LGBT版?】

最近久しく、音楽ネタをやっていなかったことを
ふと思い出しました。
と言うか、コロナ禍になって以来
音楽そのものが封印されてしまったかのように
演奏も視聴も制限がかけられました。
けれど、やはり音楽は、私たちの生活に
なくてはならないもののような気がします。
qo41S5sbjHaDWZB_bkwf2_4721
今日は皆さんに、ある音楽を紹介できたらと思います。
曲は不朽のミュージカルの名曲「すべての山に登れ」ですが
今回は独特なオリジナルアレンジでお聴きください。

僕がこの動画を初めて視聴した時
なぜかこれはLGBTの応援歌のように感じたのですが
それぞれのシンガーのもっている雰囲気が
レズビアン、ゲイ、そしてトランスジェンダーのように
見えてしまうんです。
それって僕だけが色眼鏡で見てるからなの?
どうか視聴して、あなたもお試しいただけませんか。
よろしくお願いします。
e68a609b
さてもう一つ、今度は同じ曲を男声デュオでお聴きください。
こちらも、僕の目には、
やはりゲイカップルに見えてしまうんですけど(^^ゞ


「すべての山に登れ」日本語訳

すべての山に登りなさい
高きも低きも、さがし求め
知りうるすべての横道も
すべての小道を通って

すべての山に登りなさい
すべての川を越えて
すべての「虹」を追いかけて
あなたの夢をつかむまで

夢を手にするまでに
あなたの愛をすべて与えなさい
あなたの人生一日一日を
生きてる限りずっと…
1JPutI4ECkIAGb7KcJtfGFA

「すべての山に登れ」原曲はこちらから









11.11は何の日?

11月11日は「ポッキーの日」ばかりじゃない。
知る人ぞ知る「キャッツの日」なんだって。
何でも1983年11月11日が日本初公演だったらしい。
ミュージカル「キャッツ」は何度か鑑賞したけど、
ストーリーがイマイチわかりにくいので
ちょっとだけおさらいしておくね。
RA20131
ことの始まりは年に一度の猫たちのお祭りで
「ジェリクル・キャッツ」と呼ばれる
天上の国(天国?)へ行ける
ただ一匹の幸運な猫が選ばれる。
そこには美貌や才能、財力や大冒険を持ち合わせた
数多の猫たちが、我こそは1番、と競い合う。

そんな中にたった一匹、絢爛豪華な舞台には
およそ似つかわしくない、みすぼらしい猫が登場する。
彼女の名は「グリザベラ」その肩書きも「娼婦猫」
身も心もボロボロな薄汚いこの猫に
仲間からさえも嘲笑と軽蔑の視線が飛んでくる。
geki_cats2_160719
その中で彼女は、かつては自分が若く美しく、
愛された日々のことを思い出し、切々と歌い上げる。
それが「キャッツ」の中ではよく知られた
スタンダードナンバー「メモリー」だ。
そしてその夜、お祭りのクライマックスで
「ジェリクル・キャッツ」に選ばれ
月光のスポットライトを浴びたのは
まさにこの「娼婦猫・グリザベラ」だったのである。
img_4
なぜ、彼女が天国行きの切符を手にしたか。
実は彼女が我が身を捧げながら多くの者たちに
与え続けてきたものこそ
孤独な者たちの「救い」だったのである。
そうと考えれば、間違いなく彼女こそが
天国に一番近い所にいたことになる。

何を隠そうこの僕もこれまでお世話になった
数多くの男たちがいる。
彼らのもたらした「救い」にはいつか何らかの形で
お礼がしたいと、感謝してやまないのだが
彼らとは、この先もう二度と会うことはないだろう。
419006c8-s
僕の出会った人たちに会いたいなら、こちら


ところで11月11日は
名優レオナルド・ディカプリオの誕生日でもある。
若き日のレオを見ると
頽廃した空気の中にどこか気高い雰囲気のある
あの頃出会った男たちを思い出す…
85a94264-s
a003d847-s
9fbd1aaf-s
bcf087e4-s
332ed9a9

若き日のディカプリオに会いたいなら、こちら

ミュージカル「オペラ座の怪人」の曲を聴きたいなら、こちら

「レ・ミゼラブル」はこちら



















新たなる旅立ち

僕の生きる世界は、およそ1年ごとにリセットされ
今日からは、ふたたびゼロからの出発となります。
3c814107-s
このけじめのつけ方が、毎年のことなんだけど、
今も切なくて、後ろ髪を引かれてしまいそうです…
無題
ですが、ここはひとつ勇気とやる気を出して
今日から始まる未来に立ち向かっていこうと思います。
今回は景気づけのこの曲を
一つの終わりと新たなる旅立ちのテーマとして贈ります。

今度はどんな出会いと旅が待っているのか、
楽しみに思いながら次なる一歩を踏み出します。
あなたとともに…
0033f2cd-s

おかげさまをもちまして、これまで滞りなく
毎日更新してきた「美しき者よ…」ですが、
ここでいったん、おいとましたいと思います。
次に会えるのは、平成の次の時代になろうかと
思いますが、どうぞ皆様お元気で…

合わせて読みたい過去記事はこちら








目覚めよと呼ぶ声聞こえ

夜明け前のことだった

僕の体の奥深くで何かが
くすぶり噴出しようとしていた
どこかで誰かが呼んでいるらしい
やがてそれが奔流となり
火芯に向かって、さかのぼり始めた…
4481672771_a70a8e4d3f_o
僕はいても立てもいられず
首筋から胸板、腹筋へと指先を伸ばし
気高く屹立した塔を登り詰める
無垢な精神を解き放とうと思った…
30b4125b
目覚めるということは
内面に降り積もっていたものが
外界へと向かい 
何かをめがけて働きかけていくもの
だが、その行く先は
果たしてどのような現実なのか
夢から覚めたら、
生き地獄だったということもあるよな…
8c2e2bb5-s
けれど夢は破れてこそ、人は目覚め、
地獄の今を生きられるのだ
「レ・ミゼラブル」より「夢破れて」

…というわけで再び目覚めたけど…
ちなみに今日2月12日は、僕が4年前ここに
初めてブログを投稿した日でした。
f8bdf688
この先しばらくネタのあるうちは、
更新しようと思います。
とりあえず徒然草と同じ243段までは
記事を書き続けられたらいいかな…

合わせて読みたい過去記事はこちら







戦う者の歌が聞こえるか

「レ・ミゼラブル」より“民衆の歌”

戦う者の歌が聞こえるか

鼓動があのドラムと響き合えば

新たに熱い命が始まる

明日が来た時 そうさ明日が

46a3a2b1

列に入れよ  我らの味方に

砦の向こうに世界がある

戦え それが自由の道

96c932ff

みな聞こえるか ドラムの響きが

彼ら夢見た 明日が来るよ

ああ 明日は…

be231567-s

どこかで聞き覚えのある歌だと思ったら、

こんなCMに使われていました。

今日も走り続ける 誰だってランナーだ

時計は止められない 
時間は一方向にしか流れない

後戻りできない マラソンコースだ

ライバルと競い合いながら 
時の流れという一本道を

僕らは走り続ける
より速く 一歩でも前に 
その先に未来があると信じて

必ずゴールはあると信じて

人生はマラソンだ

66986d1e-s

でも 本当にそうか?人生はそういうものか?

ちがう! 人生はマラソンじゃない!

誰が決めたコースなんだよ? 
誰が決めたゴールなんだよ?

どこを走ったっていい 
どこへ向かったっていい

自分だけの道があるんだ
自分だけの道? そんなもんあるのか?

わからない 僕らがまだ出会っていない世界は

とてつもなく広い
926ed7cb-s
そうだ 踏み出すんだ

悩んで 悩んで 最後まで走りぬくんだ

失敗してもいい 寄り道してもいい

誰かと比べなくていい

道は一つじゃない ゴールは一つじゃない

それは 人間の数だけあるんだ

すべての人生が すばらしい…
8443913d-s
同じく「レ・ミゼラブル」から
「夢やぶれて」はこちら

















闇の中の灯

ふと昔見たチャップリンのサイレント映画
「街の灯」を思い出しました。
一人の花売りの盲目の少女がいて、
たまたま通りかかったチャップリンが
彼女に生きる希望を与えようと奮闘します。
06d1e200
ついには彼は我が身をし滅ぼし、
それと引き換えに少女の目の手術代を調達します。
ところが少女の方は、自分を助けてくれた男は
大金持ちの紳士に違いないと勝手に思い込んでいる。
ついに少女は目が見えるようになるのですが、
そこにみすぼらしい一人の男が通りかかります。
男は知らぬふりで通り過ぎようとしたのですが
少女はこの哀れな男に施しの花を手渡します。
男の手に触れた瞬間、少女はすべてを悟りました。
「…あなた…でしたの…」 その発した言葉の戸惑い…
少女の瞳が何とも言えぬ悲哀の色に満ちていきます。
その後再び、少女の瞳は慈しみの色を取り戻し、
やがてフェイドアウトするのですが、
あの戸惑いの瞳と言葉が今も胸に突き刺さります。
0639d6f3-s
もしも君の目が開き、僕の真実の姿を見たなら、
君もそのようなまなざしを浮かべるのでしょうか。
もしくは僕の目が開き、君の真実の姿を見たなら 
僕は変わらぬ思いで、君を見続けられるでしょうか?
「…あなた…でしたか…」 
そう割り切れれば、それもよいのですが…

今はブロガー同士、互いに眼をつぶりましょうか…
ともに相手の本当の姿は、わからないというのも、
もしかしたらステキなめぐりあいかも知れません。
あたかも暗闇の街にともる、その灯の微かな明るさが
今の僕の救いとなる、君の存在なのかも知れません…
34979cb4-s
それでは盲目の歌手、アンドレア・ボチェッリ
の歌う「夜の調べの中で」を
「見えないあなた」に贈ります。
どうか安らかな眠りを…

※ちなみにこの動画は2007年ロンドンで開催された
 ダイアナ妃追悼コンサートで、
 若き二王子も観客席にいるのが見つけられます。

合わせて聴きたい未来記事はこちら

イギリス王室の好きなあなたはこちら




幾山河越え去りゆかば

2018年も最後の一日となりました。

残された時間もわずかとなり

最後まであたふたと、走り回っています…


今年もまた数多くのステキな男たちと出会い、
時には癒され、時には励まされ

ここまでやってきました。
せめてその跡形を残しておこうと思います。
09031665-s
1659ccef-s
maxresdefault
DVcKd2iVwAAgSo0
4f370448-s
edf6b133-s
これで終わりというわけではありません。

むしろここから本当の、
あなたと僕との長い旅路が始まります。

どこまでも一緒に歩いていきましょうね。
タッキー2
g4409513
20171118_cae4eb
「幾山河 越え去りゆかば 

寂しさの 果てなむ国ぞ 今日も旅ゆく」 
(若山 牧水)

いつかまた「ブログ心中」するかもですが、
来年も生きてたら、よろしくお願いいたします。
d9c0b825ece16d1c5434aa624741fc4e
合わせて読みたい過去記事はこちら











Somewhere

時空航海する者が好きなことの一つに
音楽鑑賞があります。
特に前世で聴いていた音楽を
何度も繰り返し聴いている人が多いです。
きっと音楽とともに、
なつかしい思い出がよみがえるからかな…

僕が好きな音楽の一つを紹介します。
古式ゆかしいナンバーなんですが
ミュージカル「West Side Story」より
「Somewhere」
劇中では、死を前にした青年男子の絶唱ですが、
なぜかこのメロディーを僕は、いまだに口ずさんでいます。

どこかに、きっとある
僕たちのための場所が
きっとどこかで、僕らを待っている
安らぎと静けさと、そして自由が
いつかきっと来る
僕たちのための時が
ともに過ごし、互いを見つめ、互いを気遣う
そんな時が、いつか、どこかで
新しい生き方が見つかる
ゆるし合う道が見つかる
きっと、どこかで…
dc47cd29
合わせて聴きたい未来記事はこちら












舟人の紹介

ラシン

初めまして。ラシンです。
ほぼ「裸身」ですが
ここを「羅針盤」として
進んでいく方向を
模索したいと思います

漂着した方の人数
  • 累計:

上陸記念にスタンプを
出航ランキング
  • ライブドアブログ