ソラリスの島

美しき男たちの記憶を この島にとどめておこうと思います

文学・古典

悪人

最近のネットニュースって
ほんとうにいろいろな人が
もろもろの理由で叩かれていますね。
人の言論行為を批判する自由はあるのかも
知れませんけど
見聞きしていて、とても悲しくなります。
20140111095651efa
ふと吉田修一さんの著した「悪人」を
思い出しました。
2010年9月11日に妻夫木聡主演で映画化されました。
A1ZwmS4A3dL
若い女性の殺人事件
その容疑者として浮かび上がった
土木作業員の祐一(妻夫木)は
偶然に知り合った女性、光代と
警察やマスコミ、世間の目を逃れての
逃避行をしていきます。
その中でやがて二人は
お互いの孤独な魂を寄せ合っていくのですが…
maxresdefault
223feeabc1cf1ac1edade6f17b8f9b8d
この作品は観る者すべてに
こう問いかけてきます。
いったい誰が、ほんとうの悪人なのか?と。
640
確かに直接手を下したのは祐一だったのだから
祐一には、そうしなければならなかった
いかなる理由があったと言えども
社会的に償わなければならない大きな罪があります。
また、それを最後までかばい続けた光代にも。
0be7a43369e2d930ac45a7fbaf97ebf0
しかし、それだけでしょうか?
行き所のない深い暗闇に突き落とされた
被害者の父と、加害者の祖母は
いったいいかなる所以で
誰に責められ続けられているのか
6-1
640 (1)
「ほんとうに人殺しちゃうなんて
 もう異常者としか言えない。」
「職業が、土木作業員だって…」
「しかも異常性愛者だったらしいよ…」
「とんだヘンタイ野郎じゃん。」
「親はいったい何考えてるの。
 親の顔が見たいよ。」
「まあ、これで終わりだね。
 こんなやつは一生監獄にぶち込んで
 出て来られないようにしてほしい。」
093acacc6c23e8df16a62f9b38fc9d79
社会の常識や規範から外れた者を
ことごとく難癖をつけて攻撃し
人が人をおとしめていく
そんな悪人に群がる悪人もいる…。
akunin-movie-2
少なくとも僕は、悪人の1人です。
ただ、もうこれ以上、人を苦しめ続ける
悪人にはならないように自戒しつつ
ひたすら、相手に誠意をもって
生きていきたいと思っています。
いは
合わせて問いたい記事はこちら





七瀬ふたたび

子どもの頃に「七瀬ふたたび」という
SFを読んだことを、ふと思い出しました。

主人公「七瀬」は人の心が読める超能力者です。
「家族八景」という小説の中に初めて登場し、
家政婦として、いろいろな家族に入り込みながら
それぞれの人間の裏感情や腹黒い欲望、
八軒の家族の虚偽をあぶり出していくという
まさに「家政婦は見た、エスパー版」
なのです。

その七瀬が二作目の「七瀬ふたたび」では
これまで超能力者ゆえに孤独だった彼女が
自分と同じ境遇でありながら異種の超能力をもった
様々な仲間とめぐりあい、
まるで家族のように共同生活を始めていくのです。
※以下、僕のイメージしたキャスティングで
 ここに劇場版に仕立ててみました。
(故人を偲ぶお盆バージョンでもあります。)

七瀬と同じく人の心を読みとるテレパスの子ども「ノリオ」
451d07dd-s
未来がわかる予知能力者の「恒夫」
339df2d1
手を触れずどんな物でも動かす念動力者の「ヘンリー」
kob0127t1
どんな時間、場所へもテレポーテーションできる
永遠不滅の超能力者、時空航行者の「藤子」
20200927-OYT1I50029-1
そしてここに七瀬自身を加えると
まさに最強無敵のエスパー5人組だったのです。
ところが、これに対抗し、
超能力者は国家を不安に陥れる人類の敵と見なし
秘密特殊部隊が編成され「超能力者全員抹殺計画」が
水面下で着々と遂行されていくのです。

5人で最初の犠牲者となったのは
予知能力者の恒夫でした。7月18日のことです。
c4d90792-s
彼はいつからかまったく同じ予知夢しか
見ることができなくなったのです。
それは何とも美しい夕焼けの光景でした。
DSC8049
そこが自分の死に場所だと気づいた時には
一発の銃弾に貫かれ、その最期に瞳に映った夕焼けを
テレパシーで七瀬に送ったのでした。
FUTi93tXq405grZV
残された4人は恒夫の死を悲しむ間もなく
迫りくる追っ手から逃げていきます。
けれどもゾンビのように何度倒しても
後から後から湧き出て来るあまりの執拗さに
ヘンリーは念動力の力を使い果たします。
昨年1月26日、墜落事故で命を落としました。
生きていればこの8月23日に
43歳の誕生日を迎えたところでした。
1_3t28eetxehne3aasqa03y

その特殊能力から最も生存可能な立ち位置にいた
藤子は、20分後の全員抹殺される未来から
瀕死の状態で七瀬の元に戻り
「あなただけは逃げて」と伝えて息絶えました。
タイムラグがあるため、彼女の絶命は
5人中の最後となり、9月27日のことです。
m63414860055_4
そして最も短い生涯だった少年ノリオは
「オネエチャン、ボク、シンジャッタ…」と
テレパシーで七瀬に伝え、小さな命の灯が消えます。
8月31日の水難でしたが、
彼の死は翌年1月5日まで伏せられました。
1169074b
1人残った七瀬は、4人の待ち受ける団らんの風景を
藤子に夢見させてもらいながら
絶え間ない銃声が響く中で、ふと微笑んで、
虚無の世界へと旅立っていくのでした。
まもなく9月14日に一周忌を迎えます。
JWssqYSol3YAfDe_WBpBx_33
ああ「七瀬ふたたび」ふたたび…
僕だったら上記のキャスティングで
メガホンを取ります。
…もう二度と、かなわないことですが…

11年前の筒井康隆作家50周年記念の時の
劇場版予告編はこちら
恒夫(了)役の田中圭さん
ヘンリー役のソフトバンクのお兄さんが
七瀬を追悼しているかのように目に映りました。

七瀬さん、どうか無二の仲間たちとともに
天国でお幸せに…
enn2009150009-m1
大切なものが次々と消えていく物語は
哀しいけど、何かがずっと心に残ります…。






永らへばまたこの頃やしのばれむ

この命よ
絶えるものなら
いっそ今なくなってほしい
これ以上長く生きていたら
自分の本性を隠し通すことがもう
できなくなってしまうから
imgf39165dfpt6uz3
たおやかな一首の歌の中に
命さえもいとわぬ忍ぶ恋の覚悟が張りつめる。
自らの魂の昇華のために身の消滅を図ろうとする
潔さが、美しいと言えば美しい絶唱だ。

古来よりわが国にはこうした「滅びの美学」と
いうものが存在する。
諸行無常の「平家物語」「義経記」
戦国の世の武将たち、信長、光秀、幸村
幕末の志士たち、竜馬、西郷、白虎隊
ゼロ戦特攻隊等々
T736NDkA
だが果たしてそうだろうか?
死ぬこと、消滅することが美しいのだとしたら、
生きること、継続することの意味は何だろう?

誰もが、さしも面白くもない人生を
必死に生きもがいている
生き恥をさらしながら
醜くても懸命な生き方もある。
9a043eb0-s
先の式子内親王の「永らへば」とは
対極にある歌が藤原清輔の歌、僕の十八番だ。

永らへば またこの頃や しのばれむ
憂しと見し世ぞ 今は 恋しき
Ptic0jBq
【意訳】
この先、長く生きていれば
つらいと感じている今も
やがて懐かしく思い出されるのだろうか
あんなにつらかった昔の日々も
今では恋しく思われるのだから
【超訳】
今日の中の昨日
明日の中の今日
過去は花園 今地獄
人は過去の花園をバネにして
地獄の今を生きるのだ
7f456210
こうして僕は再び、この世の地獄を
生き恥をさらしながら
のたうち回ろうと思います。
美しくはあらねど、なお生きたし
-utqV3AQ
合わせて読みたい過去記事はこちら






記念写真

これはその昔、高校の現代国語のテストで
出題された問題文でしたが、
テスト問題としては、あまりに鮮烈だったので
今もストーリーを忘れずに覚えてました。
そのあらすじを記憶を元に復刻しましたので
今宵皆様とともに読み味わいたいと思います。

「記念写真」…たぶん作;赤川次郎

 高校生の弓子は、日常すべてに嫌気がさし、
学校をサボって、とある辺鄙な岬に来ていた。
そこで、明るく屈託のない親子連れと出会い、
「家族で記念写真を撮りたいので、
 シャッターを押してくれませんか?」
と頼まれる。
7859-00140-1
 その四人家族があんまり幸せそうなものだから
よけいに虫の居所の悪くなった弓子は
わざと親子四人をフレームから外して
海の風景しか写っていない写真を撮って
カメラを返した。
「ざまあみろ、幸福なんて糞くらえ!」
e40cac02b79d724e516816cac86f4947_s
 その後も弓子は平日で客もまばらなレストランで
時間つぶしをしていると、再びその家族が乗り込み
楽しそうに食事し出す。
父親が決しておいしそうもない冷めたオムレツや
ハンバーグを頬張る子どもの撮影を始めたことに、
ますますうんざりし「アホくさ!」とぼやく弓子。
190224_roomie_001_re
 やっと一家がランチを終え、
レストランを出ようとしたその瞬間、
ふと弓子に一抹の疑問が生じる。
「私もサボってるんだけど、あの子たち、
 学校はどうしたんだろ?ズル休み?
 それにしたって、こんな陰気臭い海、
 学校休んで来るとこじゃない…」
 外を見るといつしかどしゃぶりの雨が降っていた。
それなのに家族は、傘も差さずに雨の中を
口を結んでゆっくりと進んで行く…それはまるで…
 テーブルの上には、置き忘れられたように
あのカメラと一枚の紙きれが…
「これを拾われた方へ
 私たち家族は、訳あって、これから遠い所へ
 参ります。このカメラのフィルムに写っている
 家族四人の写真を、どうか遺影に…」
 弓子は店を飛び出し、
岬へと向かう家族の巡礼を追い、
雨中矢のごとく駆け出していた。
「幸福だって?…幸福だって!」
 断崖には、海に身体を向け
身を寄せ合うひとつの「幸せそうな」家族がいた。
「やめて!あなたたちの記念写真は撮れていないの!
 だから、まだ死んじゃだめぇーー」
弓子は絶叫していた…
publicdomainq-0012211wsc
このブログを読んでくださっている皆様の中にも
一見幸福そうなのですが、決して推察もできぬような
はかり知れぬ哀しみや運命を背負われている方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
どうかこんな僕とでよければ
お互いこれからもこの世界を生きぬきましょうね。
img_0
最後にこの物語の結末をお読みください。

 四人は驚いて振り向いた。
ようやく追いついた弓子は、その場に倒れ伏し
わあわあと泣き崩れた。
 やがて弓子の肩に小さく温かな手が触れた。
女の子の手だった。
「私、死ななくてもいいの?」
少女の顔にはかすかな光が戻った。
父親と母親は息子を挟んで抱き合っていた。
 こんなに皆で泣き果て、ずぶぬれになりながら
弓子は、自分が心から幸福と呼べるものに
包まれていく瞬間を、今、静かに撮り終えていた…
6
合わせて読みたい過去記事はこちら












 




漱石の「こころ」にみる男同士の愛《終章》

「こころ」の第三章は
私の元に届いた「先生」の遺書に書かれていた
中身そのものになります。
そこにはもう危篤の父も姿を消し
それどころか今遺書を読んでいる私自身さえ
小説の舞台から消えてしまっているのです。
DWonHGPU8AEfWIX
在るのは過去の若い頃の「先生」と「友人K」の二人、
彼らが物語の終章を引き継いでいきます。

「友人K」とは先生にとって人生最大のライバルでした。
Kは文武両道の男で明晰な頭脳と強靭な肉体とを持ち
あたかも哲学者のように己の生き様を見据えていました。
joeyabukitani-img1200x583-1565776419qk65t727306
c9687d71 (2)
「先生」はそんなKに対して
羨望と嫉妬と、そして崇高な憧れを抱いていました。
だからこそ自分と同じ下宿にKを同居させ
Kと同じ空気を吸いこもうとするのです。
11436333_p0_square1200
しかしそこには大家のお嬢さんという
男同士の相愛には甚だ不要な存在がありました。
小説ではお嬢さんを最初に好きになったのは
「先生」であり、後からKが割り込んできて
男女の三角関係になったかのように描かれますが
むしろ割り込んできたのはお嬢さんで
Kと先生との間に何人も立ち入るべきではありませんでした。
このあたり所論が紛々としておりますが、
漱石の「こころ」に登場してくる女性に
共通して見られるのは、その存在感の希薄さです。
Kと先生から同時に愛されたお嬢さんとは
まるで薄い紙一枚のブロマイドのように
美しき幻影のままの存在にしかなり得ません。
むしろ脈々と血と愛を交わし合っているのは
Kと先生の男二人のように思えてなりません。
i=https%253A
しかしKはお嬢さん以上に「先生」を愛するがゆえに
自らの命を断つことで、二人の幸せを乞うのです。
その哀しみに潤んだKの瞳を最後に看取った「先生」は
最愛の友から何を汲み取ったのか…
155135_01
EFXM83GUwAA5T7v
Kの死後、お嬢さんは「先生」の奥さんに収まりますが、
なおいっそう幽霊の如く影を潜めていきます。
それに引きかえ、Kは先生のこころの中で
永遠に生き続け、愛の慟哭を交わし続けることに
なるのです。
1209d0f1
第一章で「先生」と「私」は出会い
第二章で「私」は「父」にも「先生」にも先立たれ
第三章でその「先生」ですらかつて
最愛の友人「K」に先立たれているのですから
これは、愛する男たちすべて喪失していく物語でした。
「こころ」の読後に言いようのない哀しみに
襲われるのは、この世界に生きた男たちの
かなえられぬ愛の連鎖が、
こころを締めつけるからだと思うのです。
無題
合わせて読みたい過去記事はこちら







漱石の「こころ」にみる男同士の愛《破の章》

こんばんはー。今夜もよろしくです。
さて前回の「こころ」の続編としまして
「私と先生」の仲を運命的に引き裂く形で
展開する第二章について書いてみたいと思います。
51--ncqkRiL._SX354_BO1,204,203,200_
前回お話しましたように
私と先生は全くの偶然の出会いから
互いに相手を意識下に置き始めるのですが
どちらかというと年の若い私の方が一方的に
先生への憧れと思慕をつのらせていくのに対し
先生は自己の罪悪感と厭世観のために
素直に私の好意を受け入れることができないのです。
しかし先生はこの男なら自分の思いを
託せるかも知れぬと淡い望みを賭け
いくばくかの思想と行動を共有し
いつしか愛着を私に感じてくれるようになります。
ad2922ce
そんな近づきつつある二人に突然の別れが
訪れるのです。
私の父の病状が悪化し、私は東京を離れ
遠い郷里に帰らなければならなくなるのです。
そしてまさかその帰省が
先生との永遠の別れになってしまうとは思わずに…
32813149-s
いつしか死に向かう私の父と、先生の面影が
私のこころの中で交錯していきます。
そして父がまさに臨終を迎えようというその時に
運命のいたずらか、私があんなに心待ちにしていた
先生からの手紙が届くのです。
「こころ」先生の遺書(昭則絶筆)
「この手紙があなたの手に落ちる頃には
 私はもうこの世にいないでしょう…」
それは間違いなく私だけに宛てた
先生の最期の手紙、遺書だったのです。
DoqzuAHUwAAoex0
読み終えた私は、事の顛末に茫然自失となりますが
やがて、まもなく死出の出立を迎える父に
「どうか私の戻るまで待っていてください。」と告げ
郷里の父に踵を返し、先生の元へ舞い戻るため
夜行列車に飛び乗ります。
e69c087e-s
車窓の暗闇に浮かぶ私のこころの中で、
今、先生の命と、父の命の二つの灯が
サイレンのようにけたたましく明滅し始め、
やがて消えゆく二つの巨星を追いかけるかのように
夜行列車は私をいざない、ひた走るのでした…
197857c0-s
この記事を書いていた6年前のその日
奇しくも僕の父も危篤となりました。
父の命と引きかえに残したこの原稿を
今ここに謹んで復刻したいと思います。

続きはこちら…いよいよ最終回です。









漱石の「こころ」にみる男同士の愛《序章》

自分が中学三年生の時に確か
夏目漱石の「こころ」で読書感想文を
書いたんですが、当時どうしてこの小説に
こんなに惹かれたのか分かりませんでした。
でも、物心ついてから、もう一度「こころ」を
読んだ時、これって男同士の究極の愛を描いた
作品ではなかったか、とひらめいたんです。
それでは、あらすじに沿って「こころ」にみる
男同士の愛について暴露したいと思います。
m36670860574_1
まずは第一章で、主人公の「私」は
とある場所で「先生」と偶然出会い
突然恋に落ちたように惹かれていきます。
さて、その場所とはいったいどこでしょうか?
三択でお答えください。

 A.大学の講義棟    
 B.由比ガ浜の海水浴場
 C.新宿二丁目のゲイバー

迷わずCと答えたあなた、
はい初対面のオレと、とことん付き合いましょう。
正解はB、明治時代とは思えぬ、粋な海水浴場です。
88d90f50
あてもなく海浜をさすらう大学生の私の
最初に目に留まったのは、先生のお連れの
西洋人の男性でした。彼は猿股一つで、
すっくと私の前に立っていたのです。
861ad21c
やがて「私」は、西洋人を傍にはべらせている
「先生」の存在にも興味をもちます。
私は憑りつかれたように来る日も来る日も
先生を追いかけ、一緒に海に入ったり
脱衣所で包み隠さず、裸の付き合いをしながら
先生との距離を次第に縮めていくのです。
rectangle_large_type_2_f79851f614da650f007fc0c90f7ba982
私は初対面から先生を「先生」と呼んでいますが
実は先生はそれほどご年配ではなかったようです。
もしかすると、かようなナイーヴな年上の男性だったかも。
understand-brief-white-s-05-dl
その後私はいつしか先生から苦悩を打ち明けられる
唯一無二の理解者となっていくのですが、
第一章で語られた私と先生の師弟愛は、第二章以降で
「第三の男」の出現により根幹から揺さぶられます。
ここから先の話は次号にて触れたいと思います。
picture_pc_1b8b9ad9969d66cb9c708f54c9c93dea
Bp9iD5gCcAAksD-
この夏、僕も年甲斐もなく
海水浴場でステキな出会いでもあるといいのですが…
2016-8-7-2
この続きはこちら










「さぶ」

本日21時~NHK-BSプレミアムで山本周五郎作の
ドラマ「さぶ」をやるらしいんだけど
「さぶ」って聞いただけで
あっ、そっちの世界か、と思ったあなたは
そうとう年季が入ってますよね~
DUSfhWkXUAAD7pt
m40016247851_1
ところで山本周五郎の不朽の名作
「さぶ」って、どういう話なんだろ?
とドラマが観たいんだけど、
家の中が観られる状況か分かんないので、
気になってこっそり調べてみました。
imgb306edfezik9zj
舞台は江戸、20歳の二人の若者が
社会の理不尽に押しつぶされそうになりながらも
ひたむきな友情を貫き、懸命に生きてゆく物語…
66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373
ぐずでお人よしの「さぶ」は何をやっても
ヘマばかりで、奉公先でも怒られっぱなし。
そんな「さぶ」を「一緒に店を持てるよう頑張ろう」
と、唯一励まし勇気づけてくれた「栄二」
しかしその「栄二」は何者かに
盗みの濡れ衣を着せられ
過酷な懲役の刑罰を負うことになる。
自分を陥れた人物がいたことで
人間不信になった「栄二」は
もう面会に来る「さぶ」とも会おうとしない。
だが「さぶ」は罪人と親しくしているという噂で
奉公先をクビになってもなお「栄二」に会いに行く。
果たして「栄二」と「さぶ」の友情は
究極の愛に変わるのか?そして「栄二」を陥れた
真犯人の正体とは…?
EMD_0EsUUAAeh4z
おぉ~観たい!そして思いっきり涙腺こわしたい~
しかも今回「栄二」と「さぶ」を演じるのがこの二人
EMwqxUaVUAAvsTz
1324574_650
EKJY90bUwAIcupS
どっちも好きやん…せめて録画しとくしかないね。
ところでゲイ雑誌の「さぶ」の名前の由来が
これじゃないかと思ったんだけどね
3bc7e908c4589ce0bb5a816a0ba74189
1_s
m89328725362_1
どうもこちらは創刊者のお気に入りの二丁目のボーイの
源氏名が「さぶ」ちゃんだったことによるらしいよ。
129764854497116112537_4c2ad002-1f40-4b6a-8b2b-18c3caac1a10
BLb8-8TCQAE_r3-
願わくは、山本周五郎作の「さぶ」から頂きました
と言ってくれた方が「さぶ」を好きになってたのに…
結局、男と男の抒情誌の「さぶ」は
一度も読まず買わずに消えてしまいましたね…
i-img600x450-1521535328o2crol8415
i-img480x640-1571951973siolhq1083237
さぶ2

「薔薇族」の方を読みたい方はこちら








幸福の王子

オスカー・ワイルドの有名な童話で
「幸福の王子」って知ってますか?
そう、王子様とツバメが不幸な人たちのために
我が身を捧げ、やがて自らの命も尽きるという
なんとも残酷で悲しいお話です。
b958ab29
ところが大人になってから読み返した時
ふともう一つの真実に気がついたのです。
この王子様、銅像だったんですよね。
ということは銅像のモデルになったはずの
生前の王子様がいらしたわけで、こちらは
外界と遮断された塀の中で、
何不自由なくお暮しになっていたのです。
d79f6a76
それが何かの原因でお亡くなりになり、
街の中に王子様の銅像が建てられたのでした。
すると王子は今まで一度も見なかった街の光景を
初めて目にすることができるようになりました。
そこには貧しさや病苦、飢餓、争いがあふれ、
その中で必死に生きる人々がいることを、
初めて知ったのです。
c2df9ee1
王子は、自分が生前
いかに恵まれた環境を与えられていたかを知り
今自分の眼下にひざまずく貧しき人たちに、
何かできることはないかと
初めて君主たるべき慈悲の心を胸に宿すのです。
王子は述懐します。
かつて世の中の事を何も知らずに、
何の苦労もなく生きてきた自分は不幸だった、
そして今、誰かのために何かをなすことができる
自分はようやく「幸福の王子」になったのだと…
4aa1a356-s
もう一つ、この王子に献身的に尽くすツバメが、
なんともいじらしく愛すべき存在なのですが、
このツバメが仲間の渡りから取り残され、
ひとりぼっちになってしまったのは、
葦の群れにそそのかされて道を誤まるという、
お人好しで騙されやすい性格だったからのようです。
それで、最初は浮足立ったまま、
しぶしぶ王子のリクエストに応えているのですが、
やがて王子のまごころに触れ、彼をこよなく愛し、
終生王子のそばを離れないことを約束するのです。
e52ca113-s
最後にツバメは命尽きる間際に王子に
「どうかあなたの手に口づけをさせてください。」
と控え目に申し出るのですが、王子が、
「掌でなくていいのだよ。いとしいツバメよ。
 私の唇に…」と言うとツバメは、
わずかのひと時を王子の唇に触れ、
やがて地に落ちて死んでしまうのです。
その瞬間でした。王子様の胸の奥にあった心臓が
ピシリと音を立て真っ二つに裂けてしまったのは…
479fef7c
このあたりは、この時代、同性愛者として
生き抜いた作者、オスカーワイルド自身の
苦渋に満ちた人生観が反映されているようです。
そして物語の最後に、
民衆には理解されなかった王子の心臓と、
ツバメの亡骸は神様によって、
永遠に天空に召し上げられることになるのですが、
僕たちも、いかに世間に理解されなくても
真実の愛に生きることで、いつか本当の幸福を
手にすることができるのかも知れません。
94f02b7f-s
本物の王子様を見たい方はこちら











三島由紀夫の「仮面の告白」がスゴすぎる

今日1月14日は文豪、三島由紀夫さんの生誕日です。
正直、三島由紀夫さん、苦手です。
あっ「潮騒」はオイシイ部分だけ読みましたけど…
e692f0fe
完読はこれが初めてで、あまりに容赦のない表現に、
布団の上で悶絶しながら(?)読み耽りました。
5d0771f9
「仮面の告白」は彼が24歳の時に筆下ろしした
半自伝的小説なのですが、自分が同性愛に目覚め、
いかなる遍歴を経て、今に至ったのかを、
圧倒的な筆致で刻みこむ
究極のカミングアウト小説です。
これを東大法学部を卒業し、大蔵省官僚として
エリート街道を走る一青年が書いちゃったんだから
もうクーデターというほかはありません…
第一章では少年期、続く第二章では思春期の
同性愛の目覚めが書かれているんだけど、
その中で登場する彼の自慰のためのオカズがこれ、
「聖セバスチャンの殉教」
345eb7a5
この絵を書斎で見た彼自身ははち切れるほど屹立し、
やがて昇りつめたものを迸らせるのです。
とても12歳の少年の射精体験とは思えない格調美…
う~ん、僕にはもっとタイトな方がイケるけど…
96eb61da-s
第二章では15歳の時、突然現れた「近江」の
早熟で豊潤なわき毛に魅せられてゆきます…
cd961293
彼もまた、自分の脇にもついに黒い草叢が生え、
かつての近江と同一のものになれた悦楽から、
海中に、精なる一滴を放つのでした…
52c85d2b
読後あまりのエロティシズムにヤラれっぱなし。
三島は、その後も天才的な作品を書き続けますが、
一方で33歳でボクシング、34歳で剣道を、
そして42歳で自衛隊に入隊し、空手を学び、
自らの身体を極限まで鍛え上げていくのです。
cdf7c67e
完璧な作品と、完結した自己陶酔と、
完全なる背徳とをもって
昭和45年11月25日午後零時15分、
自衛隊総監室にて自決します。
昭和と同じ45年間の生涯でした。
16672a03-s
おそらく三島には、自分の人生の最初から
終わりまでが見えていたのかも知れません。
「仮面の告白」を読むと、彼の生きるレールが
終焉に向かって進んだような気がしてなりません。
これほどの鬼才、三島由紀夫の類稀なる半生に
改めて敬意を表したいと思います。
76278a61-s
※「仮面の告白」を執筆した昭和23年当時の自画像

合わせて読みたい過去記事はこちら










舟人の紹介

ラシン

初めまして。ラシンです。
ほぼ「裸身」ですが
ここを「羅針盤」として
進んでいく方向を
模索したいと思います

漂着した方の人数
  • 累計:

上陸記念にスタンプを
出航ランキング
  • ライブドアブログ