最近のネットニュースって
ほんとうにいろいろな人が
もろもろの理由で叩かれていますね。
人の言論行為を批判する自由はあるのかも
知れませんけど
見聞きしていて、とても悲しくなります。
20140111095651efa
ふと吉田修一さんの著した「悪人」を
思い出しました。
2010年9月11日に妻夫木聡主演で映画化されました。
A1ZwmS4A3dL
若い女性の殺人事件
その容疑者として浮かび上がった
土木作業員の祐一(妻夫木)は
偶然に知り合った女性、光代と
警察やマスコミ、世間の目を逃れての
逃避行をしていきます。
その中でやがて二人は
お互いの孤独な魂を寄せ合っていくのですが…
maxresdefault
223feeabc1cf1ac1edade6f17b8f9b8d
この作品は観る者すべてに
こう問いかけてきます。
いったい誰が、ほんとうの悪人なのか?と。
640
確かに直接手を下したのは祐一だったのだから
祐一には、そうしなければならなかった
いかなる理由があったと言えども
社会的に償わなければならない大きな罪があります。
また、それを最後までかばい続けた光代にも。
0be7a43369e2d930ac45a7fbaf97ebf0
しかし、それだけでしょうか?
行き所のない深い暗闇に突き落とされた
被害者の父と、加害者の祖母は
いったいいかなる所以で
誰に責められ続けられているのか
6-1
640 (1)
「ほんとうに人殺しちゃうなんて
 もう異常者としか言えない。」
「職業が、土木作業員だって…」
「しかも異常性愛者だったらしいよ…」
「とんだヘンタイ野郎じゃん。」
「親はいったい何考えてるの。
 親の顔が見たいよ。」
「まあ、これで終わりだね。
 こんなやつは一生監獄にぶち込んで
 出て来られないようにしてほしい。」
093acacc6c23e8df16a62f9b38fc9d79
社会の常識や規範から外れた者を
ことごとく難癖をつけて攻撃し
人が人をおとしめていく
そんな悪人に群がる悪人もいる…。
akunin-movie-2
少なくとも僕は、悪人の1人です。
ただ、もうこれ以上、人を苦しめ続ける
悪人にはならないように自戒しつつ
ひたすら、相手に誠意をもって
生きていきたいと思っています。
いは
合わせて問いたい記事はこちら