最近、新しくブログ記事を書くことよりも、
以前のブログに寄せられたコメントを読んで
返信を書くのに四苦八苦していることが多い毎日です。
5d3d8beb3144246cc61ed1d5f9c46d9c
本当に人の見る眼というのは十人十色であって、
様々な観点から読者さんは、個性あふれる
想定外のコメントをして来られるので
完全に相手の立場に立って
気の利いた返信ができているのか、
どうも自信がないです。
20090308c
それでも、せっかくコメントしてきてくださった方を
大事にしたい、傷つけたくないし嫌われたくないという
自分よがりの護身術から
誰に対しても、当たり障りのない、
そしてどこかに「あなたのこと好きですよ」と言いたげな
ラブコールを交えた返信を送ってしまっています。
EDRHbnWWsAA--Np
ふだんの性格もどちらかと言えば八方美人、
いや男なんで、八方イケメン(笑)なんですが、
そのうち愛する読者さんの誰かの嫉妬を買い
刺される気が…(^^ゞ
38f55eaf-s
ただ、男というものは、同時にいろいろなタイプの人を
それぞれに愛せる性質をもっているんじゃないかと…
古くは「源氏物語」の光の君がそうであったように。
ああ
「本命」はいたかも知れないけど、
その時々の逢瀬の相手に
「お前が一番好きだよ」と言いたげな
尽くし方を繰り返していく…
01
ただ、自分が「八方イケメン」だとして
あなたもたぶん「八方イケメン」ですよね。
そうなると、お互いの間口の広さが
末広がり過ぎて、やがて八方ふさがりに
なるやも知れません。
69bc508a3e5818b16da7fc26d77ecbf8
それでもなお、お互いに1番の友の座を求め合い、
この先も際限なく広がっていくのでしょうね。
それでもよろしければ、これからも僕と
ここで、つき合ってくださいませんか…
33e70e6f-s
大切なあなたへ…
これは思わせぶりですが、偽りではないので。

合わせて読みたい過去記事はこちら