最近ニュースで、
海水浴や川遊びの話題も出るようになり
自宅にこもっていたら、
いつの間にか夏になってしまったようで
何だか時の流れに取り残されてしまった
寂しさが吹き抜けていきます。
2f31d8dc
そんな中で僕が夏が来る前に欠かさずやってる
毎年恒例のルーティンがありまして、
それが「日焼けサロン」へ行くことなんですが、
いわゆる本番前の「下地焼き」をしておくんです。
Sekvu min
僕は元々は色白だったんですが
もやしっ子に見られるのが嫌で
大学生の頃あたりから定期的に
日サロを使うようになりました。
img_main_05
もちろん海やプールに行って焼く方が
ナチュラルな気がしますが、
人目を気にせずに、寝たまんまで
均等に美しく小麦色に仕上がる日サロは
ちょっとしたおしゃれ感覚で利用してます。
なお焼き方はそれぞれの好みがあるようですが
僕の場合は紫外線による膚のダメージも考え
最低限の紫外線量と時間で
うっすらと小麦色肌をキープしています。
297640
ただこだわりがあって、焼く時に競パンビキニを
履くようにすると、焼きあがった時に
その焼け跡がくっきりとつくので、
あっ海かプールで焼いたでしょ、みたいに
健康的に解釈されて嬉しいです。
af25f73f-s
今どき日焼け志向もどうかとも思いますが
ひとにはそれぞれ、固有のどうしようもない
執着があって、それがほんとは危険であろうと
はまってしまうことってありますよね。
c4e7bf51-s
今なお、感染症の脅威が残る状況下で
もしかしたら、自分も知らず知らずのうちに
目に見えぬ危険に近づいているかも知れません。
それでも人は、何かしらの願望に向かってしまう。
そう、生きている限りは…
2812b0a2-s
合わせて読みたい過去記事はこちら