なかなか衝撃的なタイトルですが、

いつかこの記事は書きたいと思ってました。

現在、ウリセン関係の従事者だけでも、

全国に数百人は待機していると算定され、

さらにその利用者は、その数倍いますから、

うかつなことは書けないと自重しながら…。

71e6ba48

最初に本記事の立場を明確にしておきます。

まず僕自身にとっても、
ウリセンはなくてはならないものであって、

ウリセンは必要という肯定的な見解をもっています。

しかし一方でまた、胸を張ってウリセンを
積極的にアピールできるかと言うと

どこか後ろめたさを感じてしまうのは何故か?

その相反する賛否両論をもつウリセンに対し

今その業界に関わっているすべての方と、
一緒に考えてみたいと思っています。

5ae4023f-s

さてウリセンを売春の特殊例と見なすことで

その発祥は、古代ギリシャにまで遡るほど

人類の歴史の中で、最も古い職業の一つです。

人は人間である以上、
性欲から解き放たれることはない。

それを満たす手段として
様々な方法がとられるわけですが、

貨幣経済の誕生と同時に、
売春というサービスが興りました。


これまで国家がしばしば「公娼制」と言って
公的な立場で売春を認めたのは、

売春があることで、一定の性欲のはけ口を、
隔離された空間につくることができ、

全体としての社会の性秩序が維持され、
家族制度が守られることを目指したからです。
誰もがサバイバルに狩りをしなくても、
お金さえ払えばこのサービスを享受でき、

また売り手は、サービスに応じて
報酬を授かることで経済効果を上げる。

これはビジネスとしても正当に完結しますが

ここに一つの懐疑が生じてくるのです。

9189274d-s
それは性が秘匿すべき本能に根ざすものだけに

それを商品化し、金銭を授受してよいものか?

あけすけな言い方をすれば
人の体を金で売り買いすることができるか?
という倫理的なためらいなのです。

かつては人身売買や、従軍慰安婦問題のような

非人道的な事例があったために、
人権救済の立場から売春防止法が制定されました。

しかし男性同士の売春関係が、
この法の想定外となるのは、

売春防止法で守られるべきは、
女性や子供のような弱者であり

男性はどんな非力であっても
「弱者」とは見なされないのです。

635dfd00

かくして法の外に置かれたウリセンは、
売春が人間社会にもたらす功罪というものを

そのまま受け継ぎ、生き残ったのですが、

果たしてウリセンは「社会的弱者」ではないのでしょうか?

確かに生活が困窮し、
食うためにやむを得ず働いてる方たちは

やはり「社会的弱者」には相違ないです。

また多くのセックスワーカーが職業差別に
苦しんでいる問題は残されており、
その意味では社会的弱者とも言えます。

しかし多くのウリセンは、僕たちと同じように
おいしい物を食べ、流行の服を着て、

時には映画や大学や海外旅行に出かける等
ごくごく普通の暮らしをしています。

14474122_1813843582205207_8659277543368556544_n

また自らウリセンを志願し、自分を元手に、
いかに買ってもらえるか、しのぎを削り、
相手を選ばずに、より大勢の顧客を求め、
ひとときの悦楽と癒しを与えるサービスを
全身で提供しておられるのですから、

むしろプロフェッショナルな一労働者としての
尊厳を与えられるべきです。

140711

どの職業も人が生きるためにはなくてはならないものであり、

仕事に差別や偏見をもつべきではありません。

しかしながらウリセンというお仕事に内在する

「性をお金で売り買いする、やましさ」はつきまとうわけで

そこに「ウリセンと関わるのはちょっと…」と

ためらってしまう、きわめてデリカシーな、
人としての問題が介在するのです。

8a09e6dd-s

あと「ウリセンは金銭による売買関係で、愛がない」と言う人もいます。

むろん一種のサービス提供にすぎないウリセンに、
愛を求めてもどうかとは思いますが、

それでも僕がこれまでおつきあいしたウリセンの大多数は、
心ある誠実な人たちでした。

買い手と売り手の間柄とは言え、
親密な交情はありますし、

相手をいとおしむ気持ちは、
少なからず持ち合わせています。

f8bdf688

長くなりましたので、そろそろ締め括りますが

基本的には僕はウリセンを肯定しますし、

弱者ではないウリセンが自由に職業活動を行い
そのサービスや交情をやりとりすることは

お互いにとって有益であるとも思いますが、

何となく、やましさを感じてしまうところが
人間らしい率直な心の動きだと思います。

それを承知でウリセンを必要悪と知りつつ、
利用せねば自分を解き放てない、

そんな人生の裏面の駆け引きが、
今宵も無数に繰り広げられていることを、

どうかあなたにも知っておいてほしいのです…

faad22ad
かつての「成人(性人)の日」に

合わせて読みたい過去記事はこちら