打ち明けてしまいますが、僕には
もう十何年来、連れ添った「相棒」がいます♡
3588e2e2
僕はカレのことが、出会った時から今日まで
ずっと大好きで、一度も目移りしたことはなかったです。
perkise
カレとは、よく一緒に旅行に行くんですが、
相性バツグンで、どこへ行こうとも
常に心地よく、僕を誘ってくれます。
picture_pc_1b8b9ad9969d66cb9c708f54c9c93dea
カレはいつも元気で、アクティヴなところが
たよれるし、僕のちっぽけな悩みさえも
軽く吹き飛ばして、僕を奮い立たせてくれます。
2e30cde3
そんなカレの唯一の欠点は大食いだということで
出先でのカレの食費には、けっこう
ふところがイタイ思いをさせられます。
ca62018b-s
でもカレはいつもタフで
大きなケガや病気もほとんどありませんでした。
日焼けした真っ黒な硬質の肉体が、
とても眩しくて、何よりたくましいカレでした。
05C1XEPtbUcAARojD
また一方でカレは寒さにも強く
どんな大雪の日でも犬のようにはしゃいで
駆け回っていたカレでした。
yossijagger_06_1212_big
そんな彼が突然、精密検査を受けなければ
ならなくなりました。
頑丈そうに見えたカレでしたが、長年の無理がたたって
もう身体のあちこちに、手の施しようのない
ガタが来ていたらしいのです。
c5ceb128
執刀医は最終宣告をしてきました。
「もうこれが最後のオペになるでしょう。
 持ちこたえたとしても、あと1年…」
それは言われるまでもなく、わかっていました。
13年という歳月は、僕よりもはるかに
カレには重く長い歳月だったのです。
人工呼吸器をつけ、心臓にもメスをいれた
カレは「これでまた走れるよ」と
相変わらず僕を誘ってくれています。
Sankt-Valentena kiso
僕は覚悟を決めました。
あと一年、カレともう一度
訪れたいところをめぐって
一緒に旅をしよう。
なつかしい思い出のあの場所から
行ったこともない新天地まで
どこまでもカレと走り回ろう、
カレの命が燃え尽きるまで…
d0299604_6105058
僕らがあと一年でどこまで一緒に
走れるのかは
神ならぬ身の知る由もないことですが、
僕の瞳に映ったカレの
走行距離はすでに30万kmに達しようとしています…
f3cf811477b368fc74288ffb37b17679
subaru-forester-2021_-2

ここもカレと行ったっけ…

合わせて乗りたい記事はこちら